SSブログ

News!

・詩誌「ココア共和国」4月創刊号 5.6.7.8月号に詩掲載。8月号はエッセイも載せてもらいました! ドラマ おじさまはカワイイものがお好き の1話で、以前描いた二匹の熊のイラストが映りました。TVドラマ、「ランウェイ24」でエキストラ。3話と6話で空港ターミナルを歩いてます。  ・ブックショートアワード「ウシロアシ」掲載。 ・月刊絵本こどものまど に、少年詩掲載。 ・Book shotrs第2期優秀作品に。第4期は、友達が選ばれました!プラネタリウムの空、長靴を(時々)はいた猫です。
前の10件 | -

モリオのトランク [物語詩]

2018年8月の天の川.jpg
モリオのトランク

モリオのトランクには
音符がぎっしりと詰まっている
♪ハミングがあふれてる

奏でる音楽を耳にすると
心が自然に動きだす

カチリカチャリ
モリオは大きなトランクを開けて
音符を並べる
アコーディオンの軽やかな音の階段
リコーダーのヒューと鳴る穴ぽこの音階
オカリナのころんとした音色
今日はどんな音楽を奏でようか

太陽のまぶしい光も
月夜の静けさも
雨模様の冷たさも
森林さえずる鳥の喜びも
可愛い音楽
儚い音色
潤う音楽で表現できるのだ

―あっ、来た!
―モリオだ!
昔の紙芝居に集まるみたいに

モリオはトランクを開けて
♪音符を空へ羽ばたかせる

乾いた日々を
ぽわん
のどをうるおすように



モリオ=あがた森魚氏のイメージ。 ある映画で、謎のトランクを提げていた。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

絵本風イラスト [絵画]

複雑な熊.jpg






複雑な熊





旅するネズとオオカミ2.jpg













旅するネズと飛ぶオオカミ

くまさんぽ2.jpg





くまさんぽ






苺兎2.jpg






苺兎


うさふね.jpg






うさふね
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

大雨

曇空.jpg
大雨

本が読めなくなってしまった
読んでも頭に入ってこない
文字を追っても読み方を忘れたように
外は大雨大量に泣いている
私の涸れた心の代わりに

夢の中では生きてる
いなくなっても笑ってる
レム睡眠では自然なことのように

空へ追いかけてゆきたいが
神様はまだと云う
本の中にうずもれて
時間を紛らしたいのに
雨に濡れて熱を出せば
時間を飛び超えられるだろうか

大雨が小雨に変わった
胸にあるものを吐き出し
小さい部屋の片隅で
言葉を綴る雨の散歩を






※ほんの少し時間を取り戻し、短編は読めるようになった。100文字SFという小説を見つけた。フジモトマサルさんの仕事の本にも出合い、和ませてもらっている。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

風がくるり [現代詩]

家から見えた虹ⅱ.jpg

風がくるりと
池の水をかき混ぜ
きらきら
光りはささやき
水の波を描く

水鳥も一瞬
目を細める

まぶしい自然に
身を任せると
木々や鳥たちが
ゆっくりと
寄り添ってきた

心の羽を広げ
自然と一体になる


最近読んだ本:逆ソクラテス 伊坂幸太郎 集英社 ・あひる 今村夏子 角川文庫                        ・美術館や図書館やカフェへ、見えない菌を気にせず行ける日が、一刻も早く訪れますように。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

ファンタジーの行方 [物語詩]

こいのぼり.jpg
ファンタジーの行方

ドアの壊れた路地裏の本屋
書店員が駆けて来て
朝から機嫌が悪いんですと
一緒にガラス扉を開ける
店員は夢を食べるバクに似ていた

本棚の奥にはカフェがあり
北極語が聞こえてきた
シロクマと密談中のペンギン紳士
細長い水槽で泳ぐ魚たちが読書
窓の外には咲く花と蕾がお散歩
両手を天高く広げ
ヒョイと空飛ぶ子供たち

いつから
ファンタジーに迷い込んだの
空想と現実が交わりもつれ
こんがらがって
もはや不思議とも思わない

奇跡に近づく

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

手作りマスクとアマビエの絵

マスク3.jpgアマビエさん2.jpg








 会社は自宅待機で、マスクを作ったり、アマビエの絵を描いたり、読書と詩。の日々です。

最近読んだ本は、今村夏子さんの、木になった亜紗。(文藝春秋)
文章中のたったの一行が、心の琴線に触れ、嗚咽してしまいました。3篇とも衝撃的過ぎて、しばらくほかひとの読む本がかすれてしまったほど。

久世光彦さんの、「あの人」のこと(河出書房新社)を読みはじめました。懐かしいひとたちの裏話が聞けて、ほろほろします。

今村さんを読む前に、東野圭吾さんのクスノキの番人と、凪良ゆうさんの流浪の月、読みました。
あっ!という間に読んでしまうので、もったいない!
伊坂幸太郎くんの新刊はまだ出ない?20の短編のifはよかったな。

5月の連休頃には、ブログに詩を載せます。
詩の本 ココア共和国4月創刊号と5月号に詩が掲載されたので、良かったら読んでください。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

腕時計の役割 [物語詩]

てんとう虫3.jpg
腕時計の役割

腕時計をはずすと
肩の荷が軽くなった
羽が生えてきて
いつの間にか飛んでいた

町を見下ろし風を感じ
鳩と友だちになった
腕時計をはずして
はじめて
時間に解放されると知る

すっかり夕陽に染まった
町に降りてゆくと
時計は腕に

♪クルックーと飛び出す
鳩腕時計になっていた







※最近読んでいる本:わたしのすきなもの 福岡伸一 婦人之友社・和み癒されます。※久しぶりに見たてんとう虫。ドラマで4号が巨大化して笑えた!
大好きなパプリカ鳥獣戯画バージョンポチっと押して見てね。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

こねこのとき [現代詩]

ライオンの赤ちゃん.jpg
こねこのとき

目をまるめて
一心に見つめる
生まれて間もない
こねこたち

目に見えるすべての
謎を探るように
好奇心のあかりを
いっぱい光らせ
遊びにかえる

とんではねて
ころんでかけっこ
かあさんねこのもとへ
ふみふみミルク
すやすやねんね
夢見るあかり
小さな未来

こねこのときは
みじかくて



※写真は、こねこではないですがネコ科です。ともだちの絵本です。             ※最近行った講演会:福岡伸一先生!穏やかなお声で話も映像も面白くて、素晴らしかった。サイン&握手してもらいました!                         ※NHKホールのチケットが当たり、ソロのチェロを聴いていると、湖と森が浮かんできて、びっくりしました。音楽から映像が流れる美しい瞬間!             ※時効警察で、クマとゴリラが言い合いをしているエピソードが可笑しかった。            ※最近読んだ本:祝祭と予感 恩田睦 幻冬舎 蜜蜂と遠雷のあの時に戻れて、嬉しかったのです。今、小川洋子さんの小箱、又吉さんの人間を読み始め。先月は小川さんの講演、来月は又吉さん、中島京子さんにも会えるかな?               ※三浦しをんさんの、河童のドラマ。(あの家に暮らす四人の女)最後の河童の刺繍が素敵でした。





河童 ⅱ.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

サヨナラソウ [物語詩]

自然風景2.jpg
サヨナラソウ

サヨナラソウが群生していた
ゆらゆらとサヨナラサヨナラ

緑の小人たちが
サラサラサラと手をふるような
さざ波さざめき波立つような

サヨナラソウのあちらこちらから
ひょこひょこ頭を出したのは
草の岩かげに息を潜める
あどけない顔のナキウサギ
悲しいサヨナラをやわらげて

風向きが変わり
サヨナラソウたちが
ペコリペコリおじぎをする
サヨナラじゃなくまたねと

また会えるようタネを蒔くよ
サヨナラマタネソウとなって




旅ぞうさん (2).jpg








※最近読んだ本:あとは切手を一枚貼るだけ 小川洋子 堀江敏幸 中央公論新社   切ないよ。先日小川さんの講演会でお会いしてから、主人公に見えてしまうのです。          ・ぼくがゆびをぱちんとならしてきみがおとなになるまえの詩集 斉藤倫 福音館   君たちはどう生きるか、的な読み物。考えさせられます。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

月の電灯 [物語詩]

天球儀.jpg
月の電灯

真夜中の電灯だな
満月
午前零時の豆電球だな
光る月
夢枕も照らしているな

星々は影薄く
月はこうこうと屋根を照らし
夜回りの犬公も猫足も
そろりと眠りに就く

静かな月光音が金色に鳴り
月の電灯がゆっくりと
光の放射を降らせ

柔らかいまなざしで
眠らせにくる





※今日の夜空。双眼鏡で土星と木星、ガリレオ衛星4つ見ました。夜の空に現実に光って見えている不思議。月から地球を見てみたい。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -
                                 
このブログに掲載している詩・絵・写真の無断転用・使用を禁止いたします